>
京プリント制作

京プリント制作

 

 京プリント制作工程

 

 

1.商品企画

新シーズンのファッショントレンド・素材動向・カラー傾向を

分析しながら立体的な姿勢でデザイン開発することがスタート

地点です。

 

 

2.図案制作

商品コンセプトをもとに、様々なニーズに応じたデザインが

多くのノウハウを結束させて、生まれ描き出されます。

 

 

3.型製作

○トレス

図案に使用されている色をそれぞれに分ける作業。

例えば、5色で構成されたデザインの場合5枚のトレス原版が

必要となります。

 

3.型製作

○焼き付け

完成したトレス原版と感光剤でコーティングした型枠を重ねて、

写真の原理で感光させスクリーンを製作します。

 

 

 

4.配色

見本製作の中でも大きなカギを握るカラープリンティング。

多くの配色チャートの中からより優れた色彩を選び出し、

美を創造します。

 

 

 

5.桝見本

商品化される実際の生地に試し刷りをし、多数の配色見本

(桝見本)を作成します。

検討や修正を加え、最終の配色と配色数が決定します。

 

6.捺染

○ハンドプリント

捺染台に地張り生地へ人手でスクリーン型を順次移動し捺染。

色数は原理的に無限。深みのある色彩表現に富む。

 

 

 

6.捺染

○オートスクリーンプリント

ハンドプリントによる方法を機械で自動に行う能率的な

捺染方法。

エンドレスベルトとともに生地が移動。

 

 

7.蒸し

プリントされた生地の上に、高温あるいは高圧の蒸気で染料を

発色、定着させる工程です。

 

 

8.水洗

定着した染料以外の余分な捺染糊を、水で十分に洗い落とし

ます。

 

 

9.ソーピング

水洗で落ちない染料を洗剤や還元剤で完全に洗浄し、

商品になった後の色落ちを防止。

堅牢度や風合いを最良に仕上げる効果もあります。

 

 

 

10.整理仕上げ

この工程で定められた幅・密度にセットされ、様々な加工の中

で付加価値が高められ特性を引き出し総合的に品質を向上

させます。